無痛治療のメリットは

ホームへ戻る >  噛み合わせによる病気  > 無痛治療のメリットは

無痛治療のメリットは歯科治療を支える無痛治療の技術には、大きなメリットが存在します。最大の利点はなんといっても、痛みが無くなる点にあるといえるでしょう。従来の歯科治療のイメージは「痛い」、「我慢しなくてはならない」というのが当たり前でした。しかし、無痛治療が普及するにつれてその様相は大きく変わりました。いまや、痛みを解消する麻酔の注射すら、「痛くない注射」で無痛化が施されています。


最近になってさらに普及が進んでいる無痛治療としては、精神を沈静する作用のある薬剤がよく知られています。静脈内鎮静法・笑気ガス吸入法などいくつかの種類がありますが、いずれもリラックスした心理状態を作り出すことで、痛みとともに不安感や緊張感までも解消してくれます。完全に意識が失われるわけではないので、意思の疎通ができるうえ、身体的な負担もほとんど生じません。

無痛治療のほとんどは保険の適用範囲で行うことができます。費用がかさむことはありませんから、積極的に利用しましょう。歯科治療に対する苦手意識も取り除いてくれるので、歯医者に行くのが苦手、そんな方にこそおすすめの治療法です。


「痛くない注射」も麻酔のために広く活用されています。極細の針や、コンピュータ制御による薬剤の注入で、通常の麻酔では実現できないレベルの無痛性が実現されています。腕のいい歯医者は、即ち痛みをなくすことのできる歯医者だとよく言われます。歯科治療がつらいとお感じになる方は、もしかすると医師の選択を誤っているのかもしれません。痛みの無い治療を施してくれる優秀な医師を探してはいかがでしょうか。