舌側矯正による歯並びの治療

ホームへ戻る >  噛み合わせによる病気  > 舌側矯正による歯並びの治療

舌側矯正による歯並びの治療歯列矯正の最大のデメリットは審美的な問題です。治療の際に使用されるブラケットとワイヤー装置は非常に目立つため、それがイヤで治療をためらってしまっている人も多いのです。しかしそんな問題を解消してくれる方法もあります。それが舌側矯正です。


これは歯の裏側にブラケットとワイヤーを装着する方法です。最大のメリットはやはり表から目立たないこと。よほどよく観察されない限り、他の人から矯正を行っていることを知られることはほとんどありません。人に見られたくない、知られたくないという人、接客業をしている人などにとくにお勧めの方法となります。

ただ、いくつかの注意点もあります。まず治療期間が長引くこと。通常の表に取り付け歯列矯正に比べて期間は1.5倍程度かかる傾向があります。また思うように歯を動かすことができない面もあり、並びが極端に悪い場合には適さない場合もあるのです。治療期間が長くなるということもあり、費用も1.5倍程度かかってしまいます。それ以外にも裏側に装置があるのでブラッシングが難しく、虫歯になりやすいといった問題点もあります。


治療期間としては平均2~3年程度。通常の装置と同様、ワイヤーの調整のために1~2ヶ月程度に1回、通院する必要があります。


このように、舌側矯正は従来の方法の弱点を改善してくれる魅力的な選択肢であるとともに、いくつかの注意点もあります。それらを把握した上で受けるかどうかを判断するとよいのではないでしょうか。