インプラントセンターでのボーンクラフト

ホームへ戻る >  噛み合わせによる病気  > インプラントセンターでのボーンクラフト

インプラントセンターでのボーンクラフトインプラント治療は、誰でも受けることができるわけではありません。口内や健康状態によっては不適合と判断されることもあります。特に注意が必要なのが骨の量です。人工歯根を骨に埋め込むことになるため、それを支えるだけの骨の量が求められるのです。年齢を重ねると歯周病などの原因で骨が薄くなってしまうことが多く、場合によっては手術ができないこともあるのです。


インプラントセンターではそうした場合でもインプラント治療を行うことができるよう、ボーンクラフトという治療法を導入しています。これは骨移植とも呼ばれるもので、文字通り骨を歯槽骨に移植して量を補う方法です。他の部分の歯槽骨や顎の骨から移植するほか、体の他の部分から移植してくる場合もあります。また場合によっては人口の骨補填材を使用する場合もあります。

移植した骨はスクリューで固定します。このスクリューもインプラント同様、チタン製のものを使用するため安全です。ただし、移植してからインプラント治療に取り掛かるまで6ヵ月程度経過を見守る必要があります。


この骨移植が可能かどうか、どのような形で行うかは歯科医院ごとの判断によって異なってきます。インプラントセンターでは、常に患者に最適な方法で骨移植を行うことを心がけています。他の歯科医院でインプラント治療が不適合だと判断された場合でも、骨移植によって可能になることもあるため、インプラントセンターに相談してみるとよいのではないでしょうか。