総入れ歯ができるまでの手順は?

ホームへ戻る >  噛み合わせによる病気  > 総入れ歯ができるまでの手順は?

総入れ歯ができるまでの手順は?「総入れ歯を作ろう」と思い立ってすぐに行動する人、どうしようもなくなって慌てて飛んでいく人、お子様のご婚礼など大事なイベントに間に合わせる必要のある人、入れ歯を作る目的も動機もタイミングも、人によってさまざまですね。「歯科医に行けばすぐに作れる」と思っていると、そうはいかない場合もあります。


総入れ歯を作るための大体の手順としては、まず歯科医選び。大切な総入れ歯だけに事前にしっかり情報収集して、信頼して任せられる歯科医を探すことが大事です。また通院しやすいかどうかも意外に重要。病院が決まったら、予約をして「初診」です。ここで、歯に関する問題や希望をしっかり伝えます。不安に思うことはきちんと質問しましょう。

レントゲン検査で歯や顎の状態をチェックし、その診断結果を聞きます。場合によっては希望する方法が適さない場合もあります。また、大丈夫だとしても「後々こういう問題がある」といった説明もされます。その場合は別の計画を提示されることもあります。顎の状態が非常に悪い場合や、歯槽膿漏などの病気がある場合は、難しい症例となります。


総入れ歯の種類が大体決まったら、個人にあった型どりの道具を作るところからはじめ、簡単な型取りから精密な型取りを経て、噛み合わせや歯の並びを細かくチェックして決定していきます。歯科医院によっては、治療用義歯を使って慣れさせるところもあるようです。総入れ歯ができると、実際にはめてみて、内面や噛み合わせを調整していきます。その後もメンテナンスをふくめて定期的にチェックを行い、不具合を解消していきます。