インプラント学会とは

ホームへ戻る >  NPO設立のメリット  > インプラント学会とは

日本国内においては、まだまだインプラントは浸透しきっていない、専門の技術を持った歯科医院の数が足りていないと言うのが現状です。保険の適用が利かない自由診療による治療であるため。治療費にも差がある場合が多く、技術の平均化がなされていない点も否めません。また、特に地方では専門的な治療が行える歯科医院の数も決して多くないことから、現状では治療一つ考えるのもためらう点は多いのではないでしょうか。


では、どのようにして腕の良い、しっかりしたインプラント治療を受けることが出来る歯科医院を探すのかとなった場合、一つの目安になるのが「日本口腔インプラント学会」の資格を有する医院であるかどうかです。日本口腔インプラント学会にはインプラントの「専門医」「専門技工士」「専門衛生士」などの専門認定制度があり、この認定を受けるには手術を行う上で必要な設備が整っているか、3年以上の実務経験、手術経験があるか など、インプラント治療におけるスペシャリストでなければなりません。よって、これらの認定を受けている歯科医院は信用するに値する十分な技術、設備を持った歯科医院とも言えるでしょう。

近年、この日本口腔インプラント学会も加盟医師が続々と増えており、今では歯科学会の組織としては最大の学会員数を持つようになりました。これまでは歯科医院を探すだけでも大変だったと言ったようなことでも、今後はインプラント治療も専門的に行うことが出来る歯科医院も増えていくだろうということは間違いなく、いよいよ身近に治療が出来るようになってきたのかもしれません。