賃貸住宅の大家さんを良く知ろう

ホームへ戻る > 賃貸住宅の大家さんを良く知ろう

注文住宅の注意点
工務店選びはしっかりと
注目のリフォーム
設計事務所の独立開業
歯科の治療の光

賃貸住宅は、たいていは不動産業者を通して契約を結ぶことになりますが、不動産業者以外、必ず大家さんも存在します。大家さんについても少しばかり知っておいたほうが良いでしょう。大家さんが個人の場合、不動産を所有する資産家、老後の生活のために退職金などをはたいて賃貸住宅買った人など、様々な人がいます。


今は大家さんが直接貸主になるケースは稀で、通常は不動産業者が管理を行うことになります。このため、何かトラブルがあったときなどは、不動産業者と交渉することになりますが、もしも大家さんが近所にいる場合、普段から、ある程度親しくなっておいたほうが良いでしょう。

退去時や契約更新のときなども、契約書に書かれていることに関して、大家さんと直接交渉できる余地も出てきます。引越しのときは、できれば大家さんにもきちんと挨拶しておいた方が良いでしょう。賃貸契約の際、場合によっては、大家さんによる入居審査が行われることもあります。このとき、職業など以外にも、態度が気に入らなければ、大家さんから入居を断られる恐れもあります。


大家さんが企業の場合、敷金返済時などのトラブルは少ないものです。ただ、退去時、部屋の損害がひどい場合などは、予想外の多額な修繕費を請求される可能性もあります。また、万が一企業が倒産した場合、住んでいる部屋が競売物件となり、強制的に退去させられることもある、ということは知っておくべきでしょう。何がしかトラブルが起こった場合、会社が休みだと連絡が付かないこともあります。緊急時の連絡先も知っておいたほうが良いでしょう。