注文住宅の注意点

ホームへ戻る >  賃貸住宅の大家さんを良く知ろう  > 注文住宅の注意点

理想的な家造りを求めている方にオススメなのが注文住宅です。多彩な選択肢による自由度の高さ、家族全員が快適に過ごせる家造り、工法や資材の選択によるコスト削減などさまざまなメリットがあります。しかし、これらを最大限に活かすためには、いくつかの注意点を踏まえておく必要があります。


では、注文住宅を建てる上で注意すべき点にはどのようなものがあるのでしょうか。


まず土地に課せられた規制です。購入した土地には好きな家を建てて良いというわけではありません。建ぺい率や容積率などによって、家の高さや面積に制限が加えられることがあるのです。この制限にはさまざまな種類があり、しかも各自治体によって異なっています。購入する土地には自分の理想どおりの家が建てられるのか、事前にしっかりと確認しておく必要があります。

それから建築条件付分譲です。これは土地販売と同時に工事の請負契約も行うタイプの契約です。この場合、工事を行う業者が決められているなど制限が加えられることが多く、希望通りの家を建てられないケースがあるのです。


また、業者がしっかりと工事を行ってくれるかをしっかりと確認することも重要でしょう。信頼できる業者を選ぶことはもちろんですが、必要ならば建築士を雇い、第三者の視点でチェックしてもらう選択肢もあります。その分費用がかかりますが、納得のいく注文住宅を建てるための出費として割り切る必要もあるでしょう。


そのほか、建設が始まってから気が変わって変更するとなると、工事費用が非常に高くつくなどの注意点もあります。こうした点をあらかじめ解消しておいたうえで、注文住宅の契約を結ぶようにしましょう。