歯科の治療の光

ホームへ戻る >  賃貸住宅の大家さんを良く知ろう  > 歯科の治療の光

歯科で治療を受けていると、「これから光を当てて固めますよ」なんて声をかけられることがあります。どんな種類の光を当てているのか、どうして光を当てることで固まるのか、疑問に感じたことはありませんか?ここでは、歯科の治療における光をについて、くわしくご説明しましょう。


歯科の治療マシンの中には、ハロゲン電球やLEDに似たものが入っています。ハロゲン電球やLEDは家庭でも使われていますし、店頭でもよく使われていますよね。こんな身近なものが治療に使われているなんて、ちょっと驚きますね。しかし、歯科ではさらに専用のフィルターを利用し、可視光線のみを取り出して利用しています。可視光線を歯に当てることで、治療のために詰めた素材が短時間でしっかりと固まりやすくなるからです。ですから、歯の表面にラミネートベニアやオールセラミックといったかぶせ物をする時にも、同じように光を当てて接着していきます。

歯科の治療マシンの可視光線は人体に有害となる、紫外線や赤外線などを取り除いていることが特徴です。そのため、口の中に直に照射しても、悪影響を及ぼす心配はないわけです。可視光線は人体に有害ではありませんが、かなり明度が強くなっています。ですから、口の中に照射しても問題はなくても、直接見てしまうと危険です。ダメージをやわらげるためにカバーや眼鏡で対策を行いますが、自分でも光源を見ないように注意しましょう。