歯列矯正のステップ

ホームへ戻る > 歯列矯正のステップ

インターナショナルスクールの情報収集
NPO設立と資金調達
一戸建てと太陽光発電
ホームページ制作とは
注文住宅における照明へのこだわり

歯列矯正は長くかかる治療なので、医師との信頼関係や長期的な展望を持っていることが不可欠です。では、そのために行われる治療のステップを概観してみましょう。


最初に行われるのがカウンセリングです。このカウンセリング時には治療がなぜ必要なのか、どのような装置を使ってどのくらい期間がかかるのか、費用はどれくらいかといったことが大まかに説明されます。次いで精密検査が行われます。CTスキャンやレントゲン写真を撮り、歯の状態、骨の状態などを調べます。また、続く矯正の段階では虫歯の治療がしにくくなるので、虫歯がある場合にはそれを始める前に治療することが多いようです。精密検査が終わると、その結果を元に治療方針が説明されます。何か希望や気になる点があれば、この段階でしっかりと聞いておくのがいいでしょう。

治療方針が決まったら、装置をつけて矯正が始まりますが、その前に必要な場合はブラッシング指導、歯石除去などが行われます。その後、いよいよ装置を取り付けます。一日で装置が付くこともあれば、数回に分けて装着していく場合もありますが、いずれにしてもワイヤーが通ったら数週間に一度調整を続けていくことになります。テンションをかけると歯が動いてテンションが下がるため、またワイヤーを張りなおすわけです。そのようにして少しずつ歯が動いていきます。歯が希望の位置まで動いたら、矯正は終了。その後は歯が戻らないように一定期間保定装置をつけて、めでたく終了となります。