一戸建てと太陽光発電

ホームへ戻る >  歯列矯正のステップ  > 一戸建てと太陽光発電

省エネやオール電化への関心が高まっているなか、一戸建てに太陽光発電の設備を導入する動きも進んでいます。政府でもエネルギー対策の一環として設備の設置を促進する対策を行っており、補助金や余剰電力の買取などのメリットを得ることもできるようになっています。


では一戸建てに太陽光発電を設置することによって、どのようなメリットを得ることができるのでしょうか。


まず電気代の節約。太陽エネルギーを電力にすることで、家庭で消費するエネルギーを賄うことができます。天気によって得られるエネルギー量が上下するという不安定要素もありますが、天気のよい日なら昼間は電気代をタダにすることができます。夜間に電化代が安くなる契約を結んでおけば一石二鳥となります。

もうひとつ大きなメリットとして、上述した余剰電力の買取制度があります。つまり、自宅の太陽光発電で蓄えた電気を電力会社へ売ることができるのです。家庭だけでは使いきれなかった電力を電力会社に売ることで、節約どころかお金を得ることもできるのです。方法もいたって簡単、契約を結べば毎月電力会社がメーターをチェックした際に余剰の電気代を買取、口座に入金してくれます。


オール電化住宅と組み合わせて設置すればメリットはさらに高まります。日常生活の動力を電気に切り替えれば、太陽光発電のみで生活を送ることも可能になるのです。


初期投資にお金がかかる、かかったコストを改修するに何年もかかるといったデメリットもありますが、一戸建て購入後のランニングコストを減らし、ローン返済や生計に余裕をもたらしてくれるでしょう。一戸建てを建てる際には選択肢に加えておきたいところです。