ホームページ制作とは

ホームへ戻る >  歯列矯正のステップ  > ホームページ制作とは

ホームページ制作とひとくちに言っても、その内容は様々です。個人のサイトもあれば、企業のサイトもあるからです。たとえば、パソコンの初心者の人ならば、まず最初にインターネットを使って、いろいろなサイトを見てまわることになるでしょう。そのときに、サイト、あるいはウェブサイトという呼び方も一緒に覚えるはずです。基本的には、ホームページとウェブサイトは同じものだと考えておいていいでしょう。インターネット上のことをウェブ上と呼ぶこともあるので、どちらを使うかに特別な規則はありません。


それでは、自分でホームページ制作をするには、まずどうすればいいのかと言うと、その方法は2つあります。まず第1に、専用のソフトを使って自分で作ってしまうことです。いろいろなソフトがあるので、簡単なものなら誰でも作ることができるようになっています。そして第2に、業者に依頼するという方法があります。専門の知識や技術を持っているデザイナーに作ってもらうことになるので、より質の高いサイトを作ることができるでしょう。

このホームページ制作に必要な知識というのは、たとえばHTML言語であったりCSSの知識であったりということです。さらにコンテンツを充実させようとするならば、動画やアニメーションなどを載せることができるアプリケーションなどについても知っておかなければいけません。ですから、企業などのように、不特定多数の人に見てもらう必要がある場合には、やはり業者などに頼んで作ってもらうケースが多くあるのです。