注文住宅における照明へのこだわり

ホームへ戻る >  歯列矯正のステップ  > 注文住宅における照明へのこだわり

注文住宅における照明は、さまざまな面で重要な意味を持ってきます。まず夜間室内を明るく照らすための役割です。十分な明るさを確保できなければ、不自由な生活を余儀なくされます。とくに子供部屋の照明が不十分だと近視など視力の問題にも結びついてしまうので注意が必要です。デスクスタンドと部屋全体の照明両方への配慮が必要です。


それから防犯としての役割。屋外の照明が不十分で夜間敷地内が薄暗い環境だと侵入者に「やりやすい」家だと思われてしまう可能性もあります。また玄関口が暗いと住宅全体が暗い印象をもたれてしまい、来客に良い印象をもたらすことができなくなります。


もちろん、デザイン面へのこだわりも忘れてはならないでしょう。注文住宅においてはとくに重要なポイントとなってくるはずです。照明といってもさまざまな種類があります。ダイニングなどよく使用されるペンダント式、広い部屋に向いているシーリングライト、華やかな印象をもたらしてくれるシャンデリアなど。あるいはシチュエーションに合わせてダウンライトやブラケット、フロアスタンド、卓上スタンドなど多彩な選択肢があります。照明そのもののデザインよりも相応しい場所に、相応しい種類を設置する方が重要といってもよいほどです。

もうひとつ、省エネに関してもこだわっておきたいところ。一般家庭において使用される電力のうち、およそ6分の1を照明器具で占めているといわれています。それだけに省エネに配慮した照明の選択が重要なのです。屋外ならセンサー式の照明、白熱灯の使用なら調光器の設置、ほかにもタイマーやリモコンなど必要ないときに使用せずに済む環境作りも必要です。注文住宅を建てる際にはこうした幅広い照明の役割と重要性にも配慮しておきたいところです。