自分の考えを言うときの英会話の文例

ホームへ戻る >  インプラント手術の一回法と二回法とは  > 自分の考えを言うときの英会話の文例

英語圏のネイティブスピーカーと話をするときには、相手の話を聞くことももちろんですが、自分のこともどんどん話して、相手と親密になっていく必要があります。相手も、フランクにこちらの意見を求めている場合が多いですから、積極的に自分の考えを発信していきたいですね。 


自分の考えを言うときの英会話の文例としては、"I think that..."がすぐに思いつきます。学校の英語の授業で、何回となく目にしたフレーズですよね?英会話の文例では、これ以外にも頻繁に使われるものがあります。意見を言うときに、たとえば"I think that it is no your fault."などのように、I think thatを使うのは悪いことではないのですが、こればかり使っていたのでは、あまりにワンパターンです。時に応じて、複数の英会話の文例を使い分けると良いでしょう。補足しておくと、I thinkのあとのthatは、入れても入れなくても構いません。

自分の意見を言うときの文例としては、"In my opinion,..."や"...(主語) seems ..."などが挙げられます。... seemsを使うときは、主語に積極的に動名詞を入れましょう。「彼を誘ったらいいと思う」という英会話の例文を作りたいときに、"It seems good to invite him."と言っていたのでは長いです。"Inviting him seems good."と簡潔に言ってしまいましょう。