賃貸経営の目的

ホームへ戻る >  インプラント手術の一回法と二回法とは  > 賃貸経営の目的

賃貸経営の目的というのは、長期的な安定した収入を得るということが大きくクローズアップされますが、ほかにも土地の有効活用という面もあります。かつては土地を所有していれば勝手に値上がりをして、融資を受ける際の担保として活用したり、売却をして大きな利益をあげることができました。しかし、最近では大きな値上がりは期待できず、持っているだけでは利益を生み出さないばかりか、逆に固定資産税などの費用がかかってしまうのです。


そこで、所有している土地を有効的に活用するために、賃貸経営という不動産投資が注目されるようになったのです。その方法には、マンションやアパートを建てるほか、貸しビル、貸し店舗、あるいは駐車場といったような運用方法もあります。それぞれに賃料という収入を得ることができますが、運用コストや建設コストなどに違いがあります。周辺環境や投資資金などから考えて、どの方法を選べばより収益を上げることができるかを検討するようにしましょう。

ほかにも、賃貸経営をする目的として、相続税を軽減するなどの節税対策としても有効であると考えられています。固定資産税や所得税にも効果がありますし、なによりもずっと所有してきた土地を手放すことなく、利益を生み出していけるのです。ですから、持っているだけで眠らせている土地があるという人は、それを活用してみることをオススメします。専門のアドバイザーなどもいるので、最初はそういった人に相談しながら話を始めることもできるのです。