ウォーターサーバーの電気代はどれくらい?

ホームへ戻る >  温泉を飲む  > ウォーターサーバーの電気代はどれくらい?

家庭でも美味しくて新鮮なお水を届けてもらい、いつでも飲めるというウォーターサーバーのレンタルが人気です。ウォーターサーバーは電気によって、冷水や温水をつくり、いつでも飲める状態にしています。家庭で電気を使うとなると、心配になるのは電気代がどのくらいかかるのかということですね。実際のところ、ウォーターサーバーの電気代はどうなのでしょうか。

ウォーターサーバーは、基本的に電源は入れっぱなしで使います。使わないからといって電源を切って、また使うときに電源を入れたりするのはおすすめできません。なぜなら、ウォーターサーバーの冷水タンクと温水タンクには、それぞれ制菌と殺菌の作用があるからです。電源を切ってしまっては、せっかくの新鮮な水も雑菌が繁殖したりして、台無しになってしまいます。

電源を入れっぱなしというと、ますます電気代が心配になりますが、実際のところはそれほどかかりません。ウォーターサーバーの機種にもよりますが、1ヶ月電源を入れっぱなしにしておくと、だいたい1,000円前後です。機種によっては、もっと安く済む場合もあるようです。これは、保温ができる電気ポットの1ヶ月の電気代と同じくらいです。電気ポットと違って、ウォーターサーバーは、温水だけでなく冷水も出すことができるので、こちらの方がお得といえるでしょう。ウォーターサーバーのレンタルをしたいけれど、電気代が心配ということはありませんね。宅配水業者のサイトなどを見て、レンタル料などを含めて総合的に判断するのがよさそうですね。