歯医者の低侵襲治療

ホームへ戻る >  温泉を飲む  > 歯医者の低侵襲治療

歯医者は、唯一と言ってよいホームページを使って、自分のクリニックの宣伝活動を行っています。ホームページをチェックして、どのような治療を行っている歯科医院なのかということを確認することが重要です。その中でも、治療方針について、どのようなポリシーを持っているかはきちんとチェックしておきましょう。その中でキーワードになるのが、低侵襲治療という言葉です。


低侵襲治療と言われても、素人の方にはピンとこないかもしれません。低侵襲治療とは、治療をすることによって、人体に与える影響を少なくすることを指します。きちんとした歯医者であれば、ホームページで低侵襲治療をしているということを宣伝文句として使用しています。具体的に低侵襲とは、どのような治療を指すのでしょうか?

歯医者の業界で、具体的な定義があるわけではありません。このため、個人の医者によって多少解釈の違いがある可能性はあります。しかし一般的には、歯を削らない、歯を抜かない、歯茎などを切開しない治療のことを意味していると解釈して下さい。つまり、負担を小さくして、痛くない治療を目指していることを意味しています。


低侵襲治療という言葉を使っていなかったとしても、サイトのどこかに上で紹介した、「削らない」や「抜かない」「切らない」「痛くない」と言ったワードがあれば、低侵襲治療を目指している歯科医院であることが分かります。歯科医院の中には、すぐに歯を削ったり抜いたりしたがるところもあります。そのような所は、利用すべきではありません。